s-rcs セキュリティ・ラック開閉環境管理システム(S-RCS: Security-Rack Control System)は、お客様の大事な電子データを保管するデータサーバーシステムラックの運用管理におけるISMS管理策および運用業務の改善対策として設計されました。

  • 「鍵」使用者の明確な識別と不正行動の抑止
  • 迅速な業務対応と管理作業の軽減
  • 「鍵」管理、「鍵」使用記録のISMS管理策改善
  • ラック内温度・湿度の監視による適正な環境維持支援

これら改善目標をS-RCSを導入することにより、運用管理におけるシステムラックの開閉管理がよりプロセス的に機能し、「鍵」の電子化により、確かに許可された作業者の識別IDによるシステムラックの開錠の認証を記録、開錠・施錠の時間を正確に記録、さらに作業者の責任感とセキュリティ意識を更に向上させることが期待できます。

物理的鍵の管理作業を排除し、鍵の紛失、不正コピーのリスクを軽減し、システム化による運用レポート作成によるシステムラック管理の効率向上とISMS管理記録の維持が可能となります。

さらに、許可/認証/記録/警報をサポートすることにより、重要IT資産に対する作業の管理責任をさらに明確にし、作業自体の改善へと展開することを可能とします。

また、ラック内温度・湿度の監視による適正な環境維持支援によりエコロジーに優しく低コストな運用保守が可能となります。

techway 本システムは株式会社テックウェイ・システムズ社の製品です。
弊社はボード試作、量産、ソフトウェア開発を担当しました。